薬剤師が転職する際の注意点

薬剤師は需要の多い仕事

薬剤師の転職漢方薬剤師になりたい!漢方の基礎知識と漢方薬剤師になる方法 | 薬剤師の転職相談所 -ファーマシストライフ-

薬剤師は需要の多い仕事で、転職しようと考えた場合、求人はたくさんあります。
ただ、それだけにこの場合は多くの求人の中から自分の希望に合ったものをじっくりと選ぶ必要があります。
薬剤師の求人としては調剤薬局や病院などの他にドラッグストアや企業、学校などもあります。
そして、これらの仕事の内容については実際に転職した人達の体験談などを参考にする他、薬剤師の転職に特化した求人サイトなどに登録して、そこのアドバイザーに相談してみるのも良いでしょう。
ただ、どんな場合でも注意したいのは、自分が転職する理由をしっかりと確認しておくということです。

薬剤師は需要の多い仕事 / 転職理由によって選ぶ勤務先は違う / 自分にとって無理をせずに働ける場所を探すこと

薬剤師の転職の方法について

薬剤師として働き始めてから数年が経ち、仕事には慣れていましたがやりたい内容とは違うなと感じることがあったり、給与などに不満を感じてしまっている自分がいました。
昔は薬剤師ならどこで働いても大差ないんだろうなと思っていましたが、同じ学校を卒業した友人と久々に食事に行ったときに、働き先でこんなにも年収に違いが生まれるんだと知り、自分ももっと好条件のところで働きたいと思いました。
転職しようと思ったことはなかったわけではありませんでしたが、これほどまでに真剣に考えたことは初めてでした。
もちろん仕事をしながら新たな働き先を探していこうと思い、とりあえず自分で情報を集めたりハローワークに行ったりもしました。
でも資格を必要とする職業ということもあってか、一般的な求人情報サイトやハローワークからは、あまり良いなと感じる求人は見つからなかったし、求人情報の数自体もそれほど多くはないかなと思いました、このままではいつまで経っても働き先を変えることができないと思い焦り始めていたときに、薬剤師専門の求人情報サイトを利用してみようと思いました。
正直一般的な求人情報サイトとの違いもよくわかっていなかったし、とりあえず登録だけしてみようかなという気軽な気持ちで利用しました。
登録してからしばらくしてから、専任のキャリアアドバイザーから連絡がありどのような働き先を求めているのかなど細かなことを聞いてもらうことができました。
無料で利用できるということもあり、サービス内容にはそれほど期待はしていませんでしたが、サポート体制が整っていそうだなと感じることができ、期待が高まりました。
その後は条件に沿ったものをいくつか教えてもらえて、こんなに好条件な求人情報があったんだと驚くことになりました。
好条件な求人を探す方法として、こんなに手間もかからなくて便利ならもっと早い段階で登録しておけば良かったなと心から思いました。
良いと感じた求人に代わりに応募してもらうことができ、面接対策や履歴書の書き方といった基本的なこともアドバイスしてもらうことができ、基本から作っていくことができたので良かったです。
面接の日時も代わりに取り付けてもらうことができ、働きながら新たな職場を探す身としては本当に助かりました。
面接は久々のことだしとても緊張はしましたが、事前にしっかり対策と準備をしておいたのでそれほど焦る必要もなかったし、手応えはあるなと思いました。
後日結果の連絡が来るまではドキドキして待っていたので採用と言われたときには本当に嬉しかったです。
こんなにスムーズに採用につながるとは思ってもみなかったので本当にびっくりしました。
新たな職場で働くということは、もちろん今働いている職場を辞めなくてはならないということなので、少し言い出しにくいなと思いましたが、直属の上司に話したらきちんと理解してもらうことができてイメージしていたよりもかなり良い雰囲気の中で辞めることができました。
引き継ぎもできる限り自分でしましたが、人手がそう足りているとは言えない職業ということもあり、辞めることは残された人に悪いなという気持ちも生まれましたが、自分が満足できる環境で働いていきたいという気持ちがとても強かったです。
いざ新たな職場だ働いてみると、もちろんイメージしていた通りなことばかりではありませんが、今までとは違った仕事内容もあったりと、何かとやりがいも感じることができています。
年収アップは転職して一年目では無理だろうなと思いますが、同じ薬剤師という職業でも働き先によってこんなに違いがあるんだなと改めて知ることができたし、転職して良かったです。